2018年09月20日

本物イギリス陸軍公式官給(1970〜79年支給モデル)★ハミルトン W10 Cal.649★1973年製造ワンピース防水☆ブロードアロー ここで確実に購入できます!


本物イギリス陸軍公式官給(1970〜79年支給モデル)★ハミルトン W10 Cal.649★1973年製造ワンピース防水☆ブロードアロー


IWCってなかなか手に入らないですね。

私もいろいろ探しまわりましたが、
やはりIWCは、ここが確実に手に入るようです。


て言うか、もうここでしか見つからないでしょうね。



本物イギリス陸軍公式官給(1970〜79年支給モデル)★ハミルトン W10 Cal.649★1973年製造ワンピース防水☆ブロードアロー

>>この商品についての詳しい情報はこちら





1960年頃よりイギリスを本拠地とするスミス ウオッチカンパニーがイギリスの軍用仕様としたW10陸軍モデルの受注を受けていたが、1970年に入りスミスからその役目はCWC社、そしてハミルトン社へと変わっていく….
ハミルトン社は特に軍用としての役目を大いに活用しマーケット戦略の大半を第二次世界大戦当時の40年代に手掛けた。当時スイス勢のアメリカ軍用の受注も増え、ハミルトンはアメリカンブランドとしての威信をかけ、伝説として知られるBUSHIP公式船舶局(WATER DOWN DEMRITION TEAM/海軍機密先鋭部隊)などの公式海軍用潜水時計など技術力などを必要とするスペックを開発し、国内外に軍用とて信用をアピールした。そして1970年、ハミルトンはW10モデルをイギリス軍から受注、そのスペックは他メーカーとは違うケーススペックを持った。
それは防水としてのクオリティーの高さを誇る為に、通常3ピース構造となるケースを風防からでしか機械が取り出せないワンピースとして完全なるダストガードと防水力を高めた。これはアメリカケースメーカーの得意分野であり、ワンピースケースの巨匠としたスターケースカンパニー、ワズワース、キーストンなどが存在するほどで、その技術力を見事に軍用としてハミルトンは導入した。当然そのクオリティーは今回ご紹介する一品が証するように、ステンレスの塊をくり抜き成形していくケースは専用工具を有する。アクリルの風防自体も当時は分厚いことを考えるとかなり耐ショックとしてのスペックであったと考える。当然竜頭は抜き出し式の抑え留めのステムであり、かなりその動作も固い、機械との接地部分も一寸の隙間もないほどてある。当然通常の3ピース、2ピースと比べ技術力が必要となる。そしてそのケースに納められた機械は”Cal.649”。ソフトメタルのヒゲゼンマイで完全スムースで軽量化したことで21600振動とする。どちらかと言えば耐久性よりは精度としての印象か高い機械であるETA2750をベースとし、大き目のテンプが特徴であるが、2,3,4番、秒カナ周りすべて一枚のブリッジでガードしている。精度に関しては絶対的信頼を置く、1970年代への軍用としての考え方がいかに戦闘としての実用性よりも練習での実用性への役割の為と変わった経緯なのかもしれない。ダイアルは視認性の高いブラックマットに大き目の白アラビア文字にトップ部分にダイアルのTの字が示すようにトリチウムのドットポイントとトリチウム夜光が塗布されたペンシル針で、当然ブリティッシュアーミーとしたブロードアローがプリントされる。
最後に当然、バックケースに刻印された緩急コードを読み、この一品のプロローグとしよう。
523-8290 W10-6645-99-20729/73
523-8290:モデルナンバーとなるアイテムコード/W10:陸軍用アーミーコード/6645:腕時計/20729:シリアルナンバー/73:マニュファクチャーイヤー(73年製造)

>>この商品についての詳しい情報はこちら

posted by IWC at 23:59| IWC の激安価格を探す 

本物イギリス陸軍公式官給(1970〜79年支給モデル)★ハミルトン W10 Cal.649★1973年製造ワンピース防水☆ブロードアロー ここで確実に購入できます!


本物イギリス陸軍公式官給(1970〜79年支給モデル)★ハミルトン W10 Cal.649★1973年製造ワンピース防水☆ブロードアロー


IWCってどうやっても入手できないですね。

私もいろいろ調べまくりましたが、
結局IWCは、こちらが確実に入手できるみたいです。


と言うか、もうここのサイトでしか売ってないでしょうね。



本物イギリス陸軍公式官給(1970〜79年支給モデル)★ハミルトン W10 Cal.649★1973年製造ワンピース防水☆ブロードアロー

>>この商品についての詳しい内容はこちら





1960年頃よりイギリスを本拠地とするスミス ウオッチカンパニーがイギリスの軍用仕様としたW10陸軍モデルの受注を受けていたが、1970年に入りスミスからその役目はCWC社、そしてハミルトン社へと変わっていく….
ハミルトン社は特に軍用としての役目を大いに活用しマーケット戦略の大半を第二次世界大戦当時の40年代に手掛けた。当時スイス勢のアメリカ軍用の受注も増え、ハミルトンはアメリカンブランドとしての威信をかけ、伝説として知られるBUSHIP公式船舶局(WATER DOWN DEMRITION TEAM/海軍機密先鋭部隊)などの公式海軍用潜水時計など技術力などを必要とするスペックを開発し、国内外に軍用とて信用をアピールした。そして1970年、ハミルトンはW10モデルをイギリス軍から受注、そのスペックは他メーカーとは違うケーススペックを持った。
それは防水としてのクオリティーの高さを誇る為に、通常3ピース構造となるケースを風防からでしか機械が取り出せないワンピースとして完全なるダストガードと防水力を高めた。これはアメリカケースメーカーの得意分野であり、ワンピースケースの巨匠としたスターケースカンパニー、ワズワース、キーストンなどが存在するほどで、その技術力を見事に軍用としてハミルトンは導入した。当然そのクオリティーは今回ご紹介する一品が証するように、ステンレスの塊をくり抜き成形していくケースは専用工具を有する。アクリルの風防自体も当時は分厚いことを考えるとかなり耐ショックとしてのスペックであったと考える。当然竜頭は抜き出し式の抑え留めのステムであり、かなりその動作も固い、機械との接地部分も一寸の隙間もないほどてある。当然通常の3ピース、2ピースと比べ技術力が必要となる。そしてそのケースに納められた機械は”Cal.649”。ソフトメタルのヒゲゼンマイで完全スムースで軽量化したことで21600振動とする。どちらかと言えば耐久性よりは精度としての印象か高い機械であるETA2750をベースとし、大き目のテンプが特徴であるが、2,3,4番、秒カナ周りすべて一枚のブリッジでガードしている。精度に関しては絶対的信頼を置く、1970年代への軍用としての考え方がいかに戦闘としての実用性よりも練習での実用性への役割の為と変わった経緯なのかもしれない。ダイアルは視認性の高いブラックマットに大き目の白アラビア文字にトップ部分にダイアルのTの字が示すようにトリチウムのドットポイントとトリチウム夜光が塗布されたペンシル針で、当然ブリティッシュアーミーとしたブロードアローがプリントされる。
最後に当然、バックケースに刻印された緩急コードを読み、この一品のプロローグとしよう。
523-8290 W10-6645-99-20729/73
523-8290:モデルナンバーとなるアイテムコード/W10:陸軍用アーミーコード/6645:腕時計/20729:シリアルナンバー/73:マニュファクチャーイヤー(73年製造)

>>この商品についての詳しい内容はこちら

posted by IWC at 16:00| IWC の激安価格を探す 

1円SALE人気不滅の名器! IWC パイロット・ウォッチ マークXV【マーク15】魚リューズ IW325301 自動巻 メンズ 38mm ここで確実に購入できます!


1円SALE人気不滅の名器! IWC パイロット・ウォッチ マークXV【マーク15】魚リューズ IW325301 自動巻 メンズ 38mm


IWCってすんなり買えないですね。

私も嫌になるほど探しましたが、
やはりIWCは、ここがあっさりとゲットできるようです。


結論として、現実的にここのサイトでしか見つからないでしょうね。



1円SALE人気不滅の名器! IWC パイロット・ウォッチ マークXV【マーク15】魚リューズ IW325301 自動巻 メンズ 38mm

>>この商品についての詳しい情報はこちら



商品名

 
 
IWC パイロットウォッチ マーク15
  【大人気モデル!!】 IW325301
   自動巻
  メンズ

>>この商品についての詳しい情報はこちら

posted by IWC at 08:35| IWC の激安価格を探す