2018年09月14日

本物イギリス空軍公式官給★ハミルトン エアフォース クロノグラフ 6BB /924-3306★1972年製造ブロードアロー☆7733キャリバー ここで確実に購入できます!


本物イギリス空軍公式官給★ハミルトン エアフォース クロノグラフ 6BB /924-3306★1972年製造ブロードアロー☆7733キャリバー


IWCってすんなり買えないですね。

私もいろいろ探しまわりましたが、
最終的にはIWCは、こちらのサイトがあっさりとゲットできるようです。


と言うか、現実的にここのサイトでしか見つからないでしょうね。



本物イギリス空軍公式官給★ハミルトン エアフォース クロノグラフ 6BB /924-3306★1972年製造ブロードアロー☆7733キャリバー

>>この商品についての詳しい内容はこちら





1960年頃よりイギリスを本拠地とするスミス ウオッチカンパニーがイギリスの軍用官給品とした受注を受けていたが、スエズ東の政治的敗北から繋がる経験の中、アメリカのスエズ東の保証が確立される背景もあり、イギリス軍自体の規模を半分に減らした通り国防省による軍経費削減が行われ、軍官給品に対しての基準も変更された。これは核抑止力の基本理念により核爆弾の開発による背景によるものでもあるが、それによりコストパフォーマンスを武器にするイギリス以外の時計メーカーからも導入されるようになり、1970年頃からスミスからその役目はCWC社、そしてハミルトン社などへと変わっていくこととなる。
ハミルトン社は特に軍用としての役目を大いに活用しマーケット戦略の大半を第二次世界大戦当時の40年代に手掛けた。当時スイス勢のアメリカ軍用の受注も増え、ハミルトンはアメリカンブランドとしての威信をかけ、伝説として知られるBUSHIP公式船舶局(WATER DOWN DEMRITION TEAM/海軍機密先鋭部隊)などの公式海軍用潜水時計など技術力などを必要とするスペックを開発し、国内外に軍用とて信用をアピールした。そして1970年、ハミルトンは公式イギリス軍から官給品として受注を受けることとなり、陸軍、海軍、空軍にそれぞれの分野でそのハミルトンならではのスペックで現代に繋がる軍用時計の歴史を築いていったことは間違いない。
今回ご紹介するのはハミルトンのクロノグラフ空軍仕様いわゆる通称” RAF” Royal Air Force/ロイヤルエアーフォース”。 この空軍から受注を受けたクロノグラフモデルはハミルトン以外に4社となった。当然今回のモデルは1972年に製造され公式にイギリス軍より受注を受けた官給品であり、その裏蓋を読むと「6BB 0552 /924-3306 ↑2063/72」の通り海軍コードである0552を二重線で消して6BB空軍コード仕様となる。これは1973年にこのモデルが海軍に収められた事実の通り72年から海軍から受注を受けたが、急遽、空軍に収めることとなったのである。ちなみに1974年には又、空軍に納品されている。そしてその刻印の製造年である72と、それと連なる前ナンバー”2063”はこの個体の指紋でもあるシリアルナンバーとなる。
機械はバルジュ―社の7733。70年頃に量産系のクロノグラフキャリバーとして開発され、そのコストパフォーマンスによりスイス、アメリカの有数時計メーカーからも受注を受け、世界中の時計メーカーから信用性を高めたものとなった。
ダイアルは70年代通り、マットブラック、腐食部分もなく、完璧な状態。トリチウム夜光を称する”T”の字が描かれ、HAMILTONネーム文字盤、ペンシル針の夜光も当時のまま。直し一切無し。ケースのポリッシュ感も無く奇跡的なコンディシヨンとも言えよう。
★★★ HAMILTON ★★★

>>この商品についての詳しい内容はこちら

posted by IWC at 08:40| IWC の激安価格を探す